アイキララでなぜ効果なし?

アイキララ 効果なし

アイキララは目の下に出来るクマやたるみの原因を解消し、ハリのある若々しい目元をにしてくれると好評のアイクリームです。

 

アイキララが登場するまでは、化粧やコンシーラー濃くし塗って、目元のクマやたるみを隠すしかありませんでした。

 

しかしこのアイキララがそれらの解消に光をさしました。

 

アイキララは加齢による目元の皮膚痩せに着目し、内側から加齢による皮膚痩せをサポートすることにより、この原因を根本から解消することが出来ました。

 

購入者の80%の人が満足したと答えているとても評判の良いアイクリームなのです。

 

しかし、アイキララは効果なしと言っている人も存在しています。

 

なので、当サイトではアイキララは本当に効果なしなのか?

 

徹底的に調査してみました。

 

アイキララ(EYE KIRARA)

アイキララが効果なしの出どころ

アイキララ 効果でGoogle検索してみるとこのような検索キーワードが表示されます。

 

アイキララ 効果なし

 

なぜ検索結果にこのように表れるかというと、『アイキララ 効果なし』と検索している人が多くいるということです。

 

これらを検索している人は、
・アイキララの評判が気になっているが、効果なしという話を聞き、実際に効果なしか気になっている人

 

・アイキララを実際に購入したが、期待通りの効果がなかった人

 

・なぜ満足している人が多いのに自分には効果なし?と思っている人

 

等の人が検索していると思われます。

 

どうしてアイキララで効果を感じられる人と効果なしと感じる人がいるのか?

 

アイキララが効果なしと感じている人の原因が何かを調べました。

アイキララの悪い口コミを見てみた

なぜアイキララが効果なしという人がいるのか、アイキララの口コミの中から悪い口コミを探してみてみました。

 

 

目の下のクマとたるみがコンプレックスだったので、値段も安く実績があるアイキララを使用してみました。

 

使用を始めて1ヶ月経過し、たるみについては気にならなくなったのですが、目の下のクマはあまり効果を感じることができませんでした。


 

現在1本目が無くなったところですが、全然効果が感じられていきません。

 

アイキララの評判がよかったので期待して購入したので残念です。

 

3ヶ月は使ってくださいとのことですが、全然効果が実感できないので続ける気になれませんでした


 

目の下のたるみにはアイキララが良いと友人に聞き、使い始めたのですが、効果がありませんでした。

 

クリームが薄く、保湿力は良さそうですが、たるみには全然効果なしです。

 

全く時間の無駄でした


 

アイキララを使い始めて3週間経過したが、目の下のクマに効果があったか果たして疑問です。
使用前とそこまで変わっていないような「気がします。?
しかし、保湿力は実感できているので1本使い切ってみて、その結果しだいでリピートするかどうか決めます。


 

アイキララで効果なしと言っている人の特徴

 

アイキララの口コミを見てきて、アイキララは効果なしと言っている人たちにはいくつかの特徴があることがわかりました。

 

その1.アイキララを正しい使用方法で使用していない

 

アイキララの正しい使用方法で使用していない人は効果が実感できていない人が多いです。

 

正しい使用方法とは、アイキララは朝1回、夜1回使用するのが正しい使用方法なのですが、1日1回のみの使用だったり、たまに使わない日もあったりと、そんな使用方法では効果が実感しずらいのにも納得です。

 

逆に、早く効果を出したいからと言って、1日に何回も塗る人も中にはいるようですが、意味ないです。

 

アイキララの効果を確実に実感するためにも、毎日朝1回、夜1回の決められた回数を毎日継続して行うことが重要です!

 

その2,アイキララの使用期間が短い

 

また、アイキララの口コミを見ると効果なしと言っている人は使用期間が短い人が多かったです。

 

アイキララは製品の性質からして即効性がある商品ではないので、効果を確実に実感するためにも、3ヵ月は使用するようにしてください。

アイキララを正しく使用していても効果が実感できない人もいる

しかし、アイキララを正しい方法で時間をかけて使用していても効果なしという人もいます。

 

アイキララの効果には個人差があるので、全員が同じように効果出るよとは私も言えません。

 

実は、目の下のクマやたるみにはアイキララが効くタイプと効かないタイプがあります。

 

アイキララが効果なしの人の目の下のクマはどんなクマ?

アイキララを購入して、正しい使用方法を守ったのに、効果なしとならないためにも、自分の目のクマの種類をまずは知っておくことが大切です。

 

目の下のクマには、青クマ、黒クマ、茶クマの3種類のクマがあります。

 

この中で、アイキララが効きにくいクマは茶クマです。

 

アイキララを正しい方法で時間をかけて使用していても効果なしという人は茶クマの可能性が非常に高いです。

 

クマの種類

 

青クマ

黒クマ

茶クマ

クマの原因

目の下の皮膚痩せ

目の下のたるみによる影響

色素沈着によるシミ

判別方法

目の下の皮膚を動かしても

クマが動かない

目の下の皮膚を動かすと

クマが消える

目の下の皮膚を動かすと

クマが一緒に動く

アイキララの効果

有効

有効

期待できない

 

クマにはこのような種類があり、なぜ青クマ、黒クマにはアイキララは有効だが、茶クマにはあまり期待できないのか見てみましょう。

 

アイキララが効果なしになりやすい茶クマとはどのようなクマ?

アイキララ 茶クマ

茶クマとは、紫外線や目を擦ったことによるストレス等でメラニンが形成されてしまい、目の下の皮膚の部分にメラニン色素が沈着してしまい出来るクマです。

 

目元だけ茶色く見え、目の周りの皮膚を軽く上下左右に動かしてた時にクマが一緒に動く場合は茶クマです。

 

この茶クマを解消するためには、目の下に沈着したメラニン色素を除去する必要性があります。

 

メラニン色素を除去するには、色素沈着を薄くしないといけません。

 

色素沈着を薄くするには、強力な美白成分であるハイドロキノンが配合されている化粧品がアイキララよりもおすすめです。

 

アイキララが有効な青クマ

アイキララ 青クマ

青クマの原因は目の下の毛細血管が血行不良です。

 

さらに目の下の皮膚はもともと薄く、加齢などにより、目の下の皮膚の内側のコラーゲンが減少してしまい、目元のふっくら感やハリが失われてしまうと皮膚が痩せてしまい、青クマが目立ってしまう原因となってしまいます。

 

目の周りの皮膚を軽く上下左右に動かしても茶クマとは逆に、目の下のクマの位置が変わらない時は青クマです。

 

青クマにはアイキララがとても有効です。

 

アイキララに配合されているMGAというビタミンC誘導体がコラーゲンの生成の促進をしてくれます。

 

その効果によって目の下の皮膚痩せを解消し、青クマが目立たないようになります。

 

アイキララが有効な黒クマ

アイキララ 黒クマ

黒クマは加齢によって目の下の皮膚が弾力やハリを失ってしまい、弛んだことによってできる目の下の影になります。

 

ようするに黒クマとは目の下のたるみなのです。

 

ですので目の下の皮膚を軽く動かすと、消えるクマは黒クマです。

 

青クマと同じで、黒クマもアイキララがとても有効です。

 

アイキララのMGAの効果によって、目の下の皮膚の弾力とハリを取り戻し、たるみを解消することで黒クマも解消されます。